March 31, 2008

「藤沢久美 オフィシャルサイト」
開設のお知らせ

3月31日に、 「藤沢久美 オフィシャルサイト」を 開設いたしました。 新たなサイトでは、 藤沢久美が経営者の方とのお会いする中で 心に残った言葉をご紹介する「LEADERS」や、 カフェグローブで綴ってきた日記を移行した「BLOG」などを、ご覧いただけます。 『「投資信託」を語る』に掲載したコラムは、 「投資コラム」に移行しており、 今後は、新しいサイトへ掲載をさせていただきます。 http://kumifujisawa.jp/column/money/ 大変お手数をおかけしますが、 ブックマークの変更をお願いできれば幸いです。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 05, 2008

藤沢久美の投資コラム
『保護と自立』

先日、発展途上国の大使を歴任された方とお会いした際に、
「援助で自立した国はない」と聞いた。

政府間の援助は、結局、
生活者のレベルにまで届かないことも一つの理由だが、
無料で物資を提供したり、
「与える」ということを続けていると、
自らの力で物資を生み出す努力を阻害することにもなりかねない。

このことは、昨今の日本にも通じることのように思う。
「保護」や「援助」を必要とする人や地域が増えている。
国会では、再び「ばらまき」という援助が復活しようとしている。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (2)

January 22, 2008

藤沢久美の投資コラム
投資信託の製造責任

最近、投資信託の製造者責任について聞かれることが多い。

世界的な株の調整局面でのパフォーマンスの低下が、
こうしたテーマを浮上させてきているのかもしれない。

昨年、中国の大連で開かれた
夏のダボス会議に参加したが、
そこでも、サブプライムローンに関して、
証券化商品の製造者責任について
議論すべきとの声が上がっていた。

日本の投資信託も半世紀以上の歴史を経て、
様々な環境変化と規制緩和によって進化を続けているが、
今改めて、投資信託のあり方について、
考えるべき時であるのかもしれない。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 18, 2007

藤沢久美の投資コラム
投資信託、質の時代へ

「投資信託はインターネットでは、売れない」。
ネット証券が誕生したころ、言われた常識が
今、変わりつつある。

確かに数年前までは、投資信託という理解の難しいものは、
直接説明を受けないと、
買う決断ができない人が多いという状況であった。

しかし、金融機関による積極的な投資信託販売、
運用会社による精力的なセミナー開催、
そして、ネット証券による株式投資機会の拡大が、
市場に変化をもたらしつつある。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 07, 2007

藤沢久美の投資コラム
投資信託を販売する意義とは

「投資信託の販売をしていると、
 なんだか悪いことをしているような気がしてくるんです」

先日、ある金融機関の販売担当者から、言われた言葉だ。
お客様に損をさせる罪悪感にさいなまれているという。

金融機関が投資信託の販売を始めて
10年が経とうとしているが、
現場では未だ元本保証ではない商品に対して
違和感をもっているのかもしれない。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2007

藤沢久美の投資コラム
基準価額に対する誤解

先日、講演で、
「基準価額の大小だけで
 投資信託の優劣を判断すると、間違える」
という話をした。

同程度の騰落率を示す投資信託でも、
分配金の多少によって、
基準価額は大きく異なる。

こうした基準価額による誤解はよくあることで、
「基準価額が1万円を超えていると
 割高なので、買いにくい」
とおっしゃる人もいる。

基準価額を見て「割高」「割安」を論じるのは、
基準価額を株価と同じ目線で見ている人が多いからで、
実は、投資信託が昔から引きずっている慣習でもある。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2007

藤沢久美の投資コラム
投資信託批判を考える

最近、セミナーで数多く受ける質問が、
投資信託の問題点を指摘するメディアの記事についてだ。

確かに、投資信託を購入し始めたばかりの人にとっては、
そうしたメディアの記事は、不安を高めるに違いない。

何しろ、多くの方々が、投資未経験者であり、
恐る恐る投資信託を購入してみたという人も少なくない。

批判記事でもっとも多いのが、
販売手数料や信託報酬が高いという指摘だ。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2007

藤沢久美の投資コラム
投資信託の役割を考える

「少子高齢化で日本の未来はあまり期待できないのに、
 投資信託を買っていいのか」

投資信託についてのセミナーで
最近、こんな質問をいただく。

次に多いのが、
「株が暴落し、デフレが続きましたが、
 もう投資信託を買ってもいい時代になったのでしょうか」
という質問だ。

どちらの質問からも、
「投資=日本株」という認識をお持ちだということがわかる。

売れ筋の投資信託を見れば、
国際分散投資をうたうものが多いが、
日本経済の未来に対する不安から
投資に一歩踏み出せない方も多い。

こうした質問に対しての一つの回答は、
日本の未来に対して不安があったとしても、
地球全体で見れば、経済の成長は期待できるのだから、
世界への分散投資を考えてみてはどうかというものだ。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2007

藤沢久美の投資コラム
投資信託市場の成熟化を握る鍵

相変わらず、分配型の投資信託が
純資産額を伸ばしているが、
中でも目立ち始めているのが、
国際分散投資型のファンドだ。

こうした国際分散投資のきっかけを作ったのは、
グローバル・ソブリン・オープン。

同ファンドを運用する国際投信投資顧問は、
年間2000回を超えるセミナーを
全国で開催しているそうだし、
他の運用会社もそれに勝るとも劣らない、
全国でのセミナーを開催していると聞くから、
業界を挙げてのその地道な活動の効果が、
花開いていると言えるだろう。

そして、外債型の国際分散投資型ファンドに続いて
各運用会社が設定し始めたのが、
債券だけではなく、
世界の株やREITにも投資をするファンドだ。

こうした分散型のファンドが、
これほどまでに人気を博するようになるとは、
10年前には、想像ができなかった
業界関係者も多いのではないだろうか。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2007

藤沢久美の投資コラム
貯蓄から投資へ

「貯蓄から投資へ」というスローガンを政府が掲げ、
証券投資にかかる税制の優遇措置が
実施されているのをご存知の方は多いと思う。

なぜ、政府は「貯蓄から投資へ」という
スローガンを掲げているのか?

最大の理由は、社会の状況が、
金利の上昇に耐えられないということだ。

景気の回復の兆しが見えはじめ、
長期金利も急速に上昇した。
しかし、金融引き締めにはなかなか転じられない。

なぜなら、簡単には金利を上げることが
出来ない理由があるからだ。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«藤沢久美の投資コラム
無理のない株との付合い方を